スポーツジムでお仕事する上で事前に知っておく事

スポーツジムで必要な資格って?

資格とは?

結論から言うと、資格は特に必要はありません。
ただし、厳密には必要ではないにしろ、業務上取得した方がいい資格はたくさんあります。
ほぼ「民間資格」ではありますが、あるとないではできることも違ってきますので、できるなら取りに行くことも考えておきましょう。

一言に「資格」といっても「国家資格」「公的資格」「民間資格」とあります。
次のように区分けされていますので参考にしてください。

「国家資格」は、国が認定する資格です。
分かりやすいところでは公務員や法律関連の職業ですね。取得は中々大変です。

「公的資格」は、官庁や大臣が認定する資格です。
国家資格と混同されがちですが、一般的に国家資格よりは取得するのは安易と言われています。

「民間資格」は、主に企業や民間の団体が認定する資格です。
各々の独自の基準を設けている為、非常に多岐にわたる種類の資格が存在します。
意外とあっさり取得できてしまう資格も多いです。

スポーツジムで使える資格はなに?

民間資格の中からいくつか挙げてみます。

フィットネスクラブやスポーツジム全般に有効な資格だと、「健康運動実践指導者」や「アスレチィックトレーナ―」、「ウエルネスデザイナー」などがあります。

少し特化したものですと、「エアロビック・ダンスエクササイズ・インストラクター」や「基礎スキー、スノーボード検定」、「スキューバ―ダイビングライセンス」などもメジャーな資格です。
これらの資格の方がインストラクターというイメージはしやすいかと思います。

あとは「公認障碍者スポーツ指導員」や「幼児体育指導者」などの資格も、スポーツジムでのお仕事の幅を広げれる為、とても人気です。

ここに挙げた資格は本当にほんの一部です。
実際にスポーツジムでバイトをして、興味があるもの、自身で取り組みたいものを、是非探してみてください。


この記事をシェアする